マチソン・フォールズ国立公園で予想外の展開のナイル川クルーズ!次々に現れる動物たちに興奮

マチソン・フォールズでの2泊3日のサファリ、2日目のPart2。

午前はいわゆるゲームドライブ(Game Drive)で、国立公園内をキャンピングカーで走りながらフォト・サファリ。

そして午後は、ツアーに組み込まれていたナイル川のクルーズでした。

ただのクルーズかと思いきや、次から次へと動物に出会える、良い意味で期待を裏切られた素晴らしいクルーズでした!

ゾウ、カバ、バッファロー、ワニ…。一向に飽きないサファリ・クルーズ

IMG 2329 result

“Wild Frontiers Jetty”

フェリー乗り場は、白ナイルを対岸へ渡る場所のすぐ近くにあります。すなわちRed Chilli Campからもすぐです。

右奥にフェリーが泊まっているのが見えますね。

ここから、マチソン・フォールズを望めるギリギリのポイントまで白ナイルを流れに逆らう形でクルーズします。

IMG 2330 result

フェリーは2階建てですが、既に先客が多く2Fが埋まっており、やむなく1Fになりました。

ふつう、この手のクルーズって上階のほうが人気だと思いますので、2Fから先に席が埋まっていったのは必然ですが、しかし実はこのクルーズにおいては1Fのほうが良いのではないかと、このあと感じることになります。

理由は、動物たちの写真が撮りやすそうだから。

アフリカゾウ

IMG 2333 result

ただナイル川をクルーズするだけなんだろうと思って、正直なところあまり期待していませんでしたが、出発早々川辺で草を食べるアフリカゾウに遭遇。

全然わかっていませんでしたが、クルーズという名のサファリだったんですね。

IMG 2338 result

船に乗っている客が何を求めているか的確に把握してくれていて、かなりギリギリまで近付いてくれるので、至近距離から写真を撮ることができます。

1Fだと目線が揃いますが、2Fだと上から見下ろすような格好になるので、写真としては微妙なんじゃないかな。

ちなみにこの後、長い鼻をブルンと揺らして大きな声で吠えられたときは、クルーズ参加者一同ビビっておりましたw

カバの大群

IMG 2349 result

これはクルーズではないと出会うことができない、カバ。

昼間はだいたいこうやって水面から少しだけ体を出すように横たわっているのが一般的で、夜になると近くの草むらに上がるのだそうです。

その動きを妨害する動物に対しては、人間含めて厳しく威嚇するそうで、実はかなり凶暴で危ない動物であるともどこかで読みました。個人的には意外でしたが。

IMG 2343 result

ここは水面が低いから、フラフラ歩いてるんでしょうね〜

何か食べている(飲んでいる)ようにも見える。

バッファローの群れ

IMG 2352 result

バッファローはマチソン・フォールズ国立公園内のドライブするエリアにもたくさんいましたが、水辺でも群れを作っていました。

思ったより小さいんだけど、とにかく数が多い。スリランカのサファリで見たバッファローもやっぱり群れを作っていたから、そういう動き方をする動物なんですね。

子供の頃、近鉄バッファローズのバッファローとは何なのかと聞いたら「バッファローはバッファローだろう」と言われてチンプンカンプンでしたが、自分がいま同じ質問をされても同じように答えるでしょう。

というかこういう写真を見せるのが一番早そう。日本にはいない動物だからピンとこない。

東アフリカにしかいない野鳥

IMG 2348 result

東アフリカにしかいないという説明だった野鳥。

名前は忘れました。というか言われても覚えられない。。どれだけ貴重なのかも正直ピンと来ないですね。

ただそもそもゲームドライブでは野鳥を見ることはなかったので、そういう意味でもこのクルーズはいいですね。目撃できる動物や鳥の種類が富んでいます。

IMG 2345 result

船内にはサイドに鳥の図鑑がありました。反対側は動物。

珍しい動物や鳥に出会うと、この図鑑を利用して今のが何だったのかを教えてくれます。しかしせっかく説明してもらっても覚えられないのですが。。

そういえばここまで書くの忘れていましたが、船内にはガイド兼ビール売りのおっちゃんが同乗していました。

クロコダイル

IMG 2363 result

草むらで昼寝しているワニ。デカイなぁ。

確か別の岩場でも同じように寝ているっぽいワニを見ました。

IMG 2353 result

ちょっと上で「ガイド兼ビール売りのおっちゃんが同乗している」と書いた通り、この船内ではビールを売っています。高いですが。

いろんな動物や鳥を見て満足しテンションが上がっているところで、ツアー客の皆さんと乾杯!

一通りの銘柄がストックされていましたが、もちろん全員頼んだのはNILE SPECIALです。

ここはナイル川ですから!

IMG 2362 result

かなり川幅も広くなってきて、いわゆるクルーズという感じになりました。

この日の朝が早かったからなのか、さっきまではしゃぎ過ぎたのか、はたまたビールを飲んで酔っ払ったのか、寝る人が続出。

マチソン・フォールズを下から見上げる!

IMG 2364 result

クルーズの最終地点に辿り着きました。

向こうに見えるのはマチソン・フォールズ。前日、この滝を上から見下ろしていました。

今度は逆に下から見上げます。

IMG 2371 result

流れ落ちる迫力が凄すぎて、水がもはや原型を留めておらず、ほとんど砕け散った粒のように舞っているのが何となくわかるかなと思います。

この感覚も、前日に滝を間近に見ているからこそです。

IMG 2372 result

この岩場に上陸して、皆で写真撮影。結構ズームしないと撮れませんね。

ここで何枚か同じツアー客で撮ったはずなんだけど、後日WhatsAppで共有してくれた写真の一覧の中になかった。。

こうして大満足のクルーズは終わり、あとは乗船地点まで真っ直ぐ戻りました。

この近くで降りて森の中を登っていくルートもあるようで、欧米人のカップルが1組だけそのようにしていました。

まとめ

ツアーに含まれていたから参加するというだけで、正直あまりこのクルーズは期待していなかったのですが、予想に反してとても良かったです!

ゲームドライブでは見られない動物も見られるし、気分も変わるし、ビールも飲めるし!w

Red Chilliのサファリツアーに参加すれば自動的にこのクルーズが付いてきますが、そうでなくてもぜひお勧めです。