パナジ(カダムバ・バススタンド)からゴア南部ベナウリム・ビーチ、コルヴァ・ビーチへの移動方法

パナジ、オールド・ゴアをサクッと観光し、ようやくゴアの名物、ビーチへ移動です。

ゴアからはムンバイへ鉄道へ向かう旅程としており、ゴアの鉄道駅はゴア州南部のマルガオにあることから、アクセスが便利なマルガオ付近のビーチに宿を取りました。

パナジとマルガオはそこそこ距離が離れていますが、バスが頻発しており、簡単に移動することができます。

今回の記事では、オールド・ゴアの観光を終えたところから、ベナリウム・ビーチに移動した模様をお伝えします。

オールド・ゴアからカダムバ・バススタンドへ戻る

IMG 1547 result

オールド・ゴアからカダムバへ戻るバスがどれぐらいの頻度で出ているかはよくわかりませんでしたが、とりあえずボム・ジェズ教会の前で適当に待ち、やって来るバスに「カダムバ?」と1つずつ聞いていきました。

3つめぐらいでやっと「カダムバ!」と言ってもらえたので乗車。

地元の大学生から「論文執筆のため観光客にアンケートを取っている」と声を掛けられ、インタビューに応じていましたが、始まってすぐにバスがやってきたので、申し訳ないと思いながらもバスに乗らせてもらいました。

これを逃しても10分後にまた別のバスが来る、とか分かっていれば、また行動も変わるのですが。

IMG 1548 result

パナジとオールド・ゴアの観光は手短に済ませ、早々にビーチへ行く予定でしたが、急がずに気の赴くままに行動したので、意外と時間が掛かりました。この時点で12時ぐらい。

カダムバ・バススタンドには、軽食や飲み物が買えるスタンドが至る所にあります。

オールド・ゴアでSugarcaneのジュースは飲んでいましたが、それだけでは喉を潤すには不十分なほど気温が上がっており、ここでラッシーを飲みました。

インドは飲み物が旨い!マサラチャイ、ラッシー、ジュース、どれも美味しいです。もちろんキングフィッシャーのビールも。

パナジ→マルガオは、エクスプレスバスを利用可能

IMG 1551 result

さて、このカダムバ・バススタンドから僕は南部ゴアのベナリウム・ビーチへ向かいます。

ベナリウム・ビーチに近いのはマルガオ・バススタンドで、「マルガオへ行きたい」と例によってそこら辺のインド人に声を掛けて尋ねていくと、「普通のバスか、エクスプレスか?」というようなことを聞かれました。

普通のバスは、東南アジアの文字通り「普通」のバスで、そこらへんの路上で人を次々に乗せていくので時間が掛かりますし、車内も混み合います。

一方で、エクスプレスは多少高くなりますが、ノンストップでマルガオまで行ってくれるという説明。

IMG 1550 result

日本人の感覚からすれば、エクスプレスを選ぶことによる+αなんぞ無視できる金額です。

エクスプレスは5分後に出るぞ!というので、慌ててこのスタンドで購入。

カダムバからマルガオまではノンストップでも1時間ぐらいです。

あのヴァスコ・ダ・ガマの名前がそのまま付された空港と町がある半島横を通過し、一気に南へ下ります。

ノンストップとはいえ、実際には渋滞でノロノロ運転で、かなり時間が掛かりました。

マルガオからベナウリム・ビーチへ

IMG 1552 result

マルガオのバスターミナルです。ゴア州南部を周る際は、まずここへ来ることになると思います。

この周辺の情報が事前にいくら調べても集まらず、iPadの充電も切れる寸前、とりあえず着いてから何とかしようと考えていました。

地球の歩き方を読む限りでは、ここからビーチへ向かうバスが出ているようでしたが、幸い、英語で表記されている出発案内を見ても、候補になりそうなベナリウム・ビーチもしくはコルヴァ・ビーチ行きのバスは見当たらず。

まだ日が暮れるまで時間があるとはいえ、詳細な地図も持っておらず、iPadも使えない状況か、確実に早く到着したかったため、リキシャを選択しました。

バスで行ければ10分の1ぐらいの値段で行けるはずですが、違うバスに乗ったりして右往左往するほどの時間がないので、結局、よくわからないときは金で解決するということになってしまいます。

IMG 1553 result

この日宿泊したのは、ベナリウム・ビーチに近いMinria Guest Houseでした。Booking.comで予約していきました。

リキシャの運ちゃんに予約確認書の住所を伝えたら、きっちり近くで降ろしてくれました。さすがです。

まとめ

ゴア州南部のビーチへ行く際は、マルガオが拠点となります。

ゴア州中部のパナジからは、エクスプレスバスで1時間ほどで簡単に行けます。

マルガオからビーチまでは、時間があれば経済的なバスを試すのも良し、確実に早く到着したければリキシャを使うのも良しです。