カンパラからマチソン・フォールズ国立公園へ。ウガンダ名物パイナップルにありつく

フォート・ポータルでの2泊3日を終え、ここからはマチソン・フォールズ国立公園へのサファリです。

アフリカといえばサファリ、それはウガンダも同じです。

格安の2泊3日ツアーに参加するため宿泊したRed Chilliから、他のツアー客の皆さんと車に乗って出発!

カンパラからサファリ仕様のキャンピングカーで出発^^

IMG 2193 result

ホステルからはこの車で出発します。単なる移動車ではなく、サファリにも使えるタイプのキャンピングカーです。

ツアー参加者は8名で、男2、女6。全員ひとり旅で、全員が初顔合わせでした。日本人がいないどころか、アジア系はもう1人の男性が50歳近い中国人だった以外は全員ヨーロッパ系。

全員が1台の車には乗れないので4人ずつ分かれましたが、男2人が別々のグループに分けられたので、ハーレムになってしまいましたw

それはまぁいいんだけど、問題は全員イギリス人だったということですね。ネイティブの英語は本当に何言っているかわからず、話し掛けてくれるのはありがたいんですが会話になりません。。。

曲がりなりにも海外に住んで英語を使って仕事をしていて、普段困ったことはないのですが…。

バスが停車する商店の一帯で車を降りてみたら楽しかった

IMG 2197 result

カンパラを出発してから1時間も経たないうちに、パイナップルがどさっと置かれたこの道端に車が止まりました。

何をやってたのか未だにわからないけど、結構長い時間停車していた気がする。

IMG 2198 result

ドライバーが何処かへ行ってしまい、戻って来る気配が感じられないので、車から降りてその辺のウガンダ人に絡んでいたら、その場で鮮やかな職人技でパイナップルを捌いて売ってくれました。10,000Ush(約300円)ぐらいだったんじゃないかな。

このパイナップルも、ウガンダへ来たときには食べるべきものの1つですね。

IMG 2200 result

肉の串焼きを持った兄ちゃん。

肉の串焼きは好きなんだけど、これじゃないんだよな。牛を角切りにして豪快に焼いたやつ、アレがいい。

写真には撮ってないけど、このあと現れたから買いました。というよりお目当てのやつが来るとお金の用意で忙しいから写真撮れないんですよねw

モタモタしてるとすぐ他の客のところへ行っちゃうし。

IMG 2204 result

同じ車だったイギリス人女性のうちの1人。美人ですよね。しかも結構話し掛けてきてくれた。

それはとても嬉しい、本当は嬉しいのだけど。僕の英会話力が足りてません。。。泣

ウガンダは自身46ヶ国目ですが、英語ができなくてコミュニケーションに困ったのは本当に久しぶりです。

IMG 2205 result

カメラ目線を要求したら、全員バッチリこちらを向いてくれたのでパシャッ。

ウガンダの人々は写真を撮られるのを嫌うと言われていて、実際のところそうだと感じましたが、こうやって事前に断るとOKが出る確率も結構高かったです。フォート・ポータルでも同じようなシーンがありました。

要は勝手に撮るなということなのでしょうね。旅人として、マナーは守りましょう!

IMG 2202 result

そういう彼らも、バスが来ると僕らを放置したまますごい勢いで走っていきます。これ、静止画で見るとそうでもないですが、目の前で見ると圧倒されますよ。

そしてさりげなく僕が突っ込みたいのは、バスの後ろ、地面に垂れ下がっているところにWE DELIVER TRUSTと書いてあることです。

注意して見ていると、全てのバスに何かしら書かれていて、しかもそれぞれ内容が違う。結構手が込んでるし、いいこと書かれてます。

ウガンダビールが(たぶん)全銘柄揃っていた道端のコンビニ

IMG 2207 result

ガソリンスタンドとかコンビニとかが固まっているところで、トイレ休憩。

コンビニではビールも売っていて、この写真がほぼ全ての主要なウガンダビールの銘柄をカバーしてるんじゃないですかね。少なくとも僕が滞在中に飲んだのは全てここにあります。

ただ忘れてはならないのは、この店含めて、店内の電気はまったく付いていないということですね。冷蔵庫の中は冷えてたと思うけど、それもキンキンに冷えているというわけではなくて、ぬる〜い感じ。

スイッチを入れたら電気が付くのが当たり前の先進国は恵まれていると実感します。

IMG 2208 result

その一帯の道路。

こういうところにゴミが落ちてるのは良くも悪くも新興国らしい。お隣のルワンダは見事なまでに落ちていませんが。

ちなみに道路を挟んで向かいにロレックスの屋台が3つぐらいあり、暇だったので茶化しに行っただけのつもりでしたが、結局1つ買いました。10,000Ush(約300円)。

これがウガンダで食べる最後のロレックスになろうとは、この時は考えませんでしたが。丸7日滞在するうちの4日目だったので。意外とロレックスって食べたいときに売ってなかった印象が強いです。

まとめ

マチソン・フォールズのサファリの記事を書こうと思って書き始めましたが、そこまで辿り着きませんでしたw

バスと違ってプライベートカーだと好きに止まれるので、こういう楽しみもあります。

ウガンダ名物のパイナップルを偶然ここで食べられたのは良かった!

次はいよいよ、マチソン・フォールズ国立公園の1回目です。

動物を見る前に!先ずは大迫力のマチソン・フォールズでマイナスイオンを感じる

2019.07.23