【2019年版】マハーバリプラムでの宿と食事情報。バックパッカーの沈没に最適な場所かも?

2018年12月22日、新年まであと数日というところ、チェンナイから南に約60km離れたマハーバリプラムへ行きました。

チェンナイからはバスで片道2時間、日帰りもできますが、僕は早朝に到着したチェンナイ国際空港から直行して、そのまま1泊。

わりと気に入ったので、食事や宿の情報をシェアしたいと思います。

ちゃんと観光するなら、マハーバリプラムには1泊を推奨

マハーバリプラムの観光ポイントは、海岸寺院とファイブ・ラタの両世界遺産などです。

町は小さく、1km平方メートル内に全て収まっている感じ。

とはいえ、クリシュナのバターボールなど、ベンガル湾からやや離れた岩場の散策は少し時間が掛かります。

しかし逆に言うと、全部一通りしっかり見るなら、マハーバリプラムに宿を取って1泊はするのが良いと思いました。

*自分で撮ったInstagramの写真です。

日本人にとっては、マハーバリプラムと言われても全くイメージが湧かない、有名な場所でもないと思いますが、観光地としてきちんと整備はされており、安宿もレストランもそこそこ充実しています。

日程の制約がなかったら、3泊ぐらいしたかったぐらいです。

長期間旅をして辿り着いたバックパッカーであれば、意外と快適で沈没するかもしれません。

マハーバリプラムで泊まった安宿:Siva Guest House

IMG 0879 result

到着前夜、飛行機を待っている時間にBooking.comで検索し、そこそこレビューが良かったので予約していきました。

応対してくれたレセプションの兄ちゃんは、英語は若干怪しいものの基本的に親切。

後述の通り、近くの穴場の食堂も教えてくれて、確かに美味しかった。

ただ、年齢を当ててみろと言われ、5歳以上も年上の方向に外してしまい、気まずい雰囲気に。

インド人は肌が濃く、年齢を当てるのが難しい。。

IMG 0957 result

部屋は清潔ではあるものの、取り立ててキレイというわけでもなく、めちゃくちゃ広いわけでもなく、2,000Rs超えはちょっと高いかなと思いました。

久々のインドで、弾丸とはいえ2週間弱続く旅の初日からボロ宿は避けたいという意識が働きましたが。。

場所は、安宿街の一角です。真向かいにカフェがあったり、徒歩圏内にレストランやビーチがあったりで便利。

ただし、海岸寺院やクリシュナのバターボールなどの観光ポイントまでは、意外とそこそこ歩きます。

リキシャは、近くの交差点にたまに1台止まっていたり、全くいなかったり、そんな感じでした。

マハーバリプラムで食べたもの

IMG 0876 result

到着直後だったこともあり、さっそく南インド料理を次から次へと食べましたが、どれもなかなか良かったです。

地球の歩き方に載っている店が簡単に見つかりますが、アタリだったのは、宿の兄ちゃんが教えてくれた店でした。

たまに上の写真のような屋台があり、マサラチャイとサモサが15Rsぐらいで飲み食いできます。

ミールス:Hotel Chettinadu Virundhu

安宿街からビーチと反対方向、西へ向かうと、幹線道路から分岐して町の中心部へと繋がっているメインロードに出ます。その交差点付近にある食堂。

ちょっと遅い時間に行ったからなのか、空いていました。

奥にエアコンが効いた部屋があり、何も言われずそこに通されましたが、実はこれで10Rs取られてますw

IMG 0883 result

久々にインドに来て一発目の食事だったので、順当にミールスにしました。

ノンベジとベジがあり、ノンベジと言ったはずなんだけど、出てきたのはどう見てもベジ。これもインドあるあるか。

中央にライスを出し、全部グチャグチャに混ぜながら、美味しくいただきました。

ライスが最初から結構な量で、おかわり無料ですが遠慮しました。調子に乗って食べすぎると、だいたい後でお腹を壊して後悔するし。

ベジのミールスは100Rs。コーラが35Rsでした。店内もこの価格帯の店としてはまぁまぁ清潔だし、リーズナブルでなかなか良いと思います。

ケララ風ココナッツフィッシュカレー:Gecko Cafe

IMG 0954 result

本当は、マハーバリプラムでは初日からビーチでビールを飲みながら、ルーフトップレストランで晩飯と行くつもりでした。

が、海沿いのレストランをざっと見る限り、マハーバリプラムではビールを提供している店が少ないようです。

それでも飲みたかったので、地球の歩き方に「アルコールの提供あり」と書いてあった、Gecko Cafeというレストランに行きました。

しかしメニューにビールがなく、店員に確認するまでもなく諦めてラッシーを注文。

後から入ってきた欧米人の男性がKingFisherを注文し、普通に出てきたのを見たときはビックリ。。

メニューに書いてないだけで提供はされていたわけですが、すでに時遅しでした。。

IMG 0955 result

フードは、4年前に初めてインドの地を踏んだケララ州・コーチンで、毎日のように好んで食べていたフィッシュ・カレーをチョイス。

見た目は旨そうですが、味が薄くて物足りず、実際にはあまり美味しくなかった。ベジカレーでも、ベジとは思えないほど満足できるカレーもあるんですが…。

このカレーがライス付きで305Rs、ラッシーが80Rs。なかなか良いお値段です。

さらに言うと、この店では蚊に刺されまくって、食事どころじゃなかった記憶が強い。。

ビリヤニ:Hotel Guru

ゲストハウスをチェックアウトした後、宿の兄ちゃんに「ミールス以外で何かない?」と無茶振りしたら、ビリヤニの店を教えてくれました。

メインロードを北に向かうと、右手奥に貯水槽が見えます。

その近くに小さなスーパーがあり、その裏手に位置するHotel Guru。

IMG 0961 result

インドでは、Hotelはホテルではなく食堂を指すようです。

オーストラリアなんかも同じですね。どちらも旧イギリスの支配下だったので、共通しているのかも。

土砂降りの雨の中、レインコートを着ただけで傘も差さず歩いていたので、見つからなかったら諦めようと思ってましたが、辿り着けて良かった。

なんで日本人観光客が来るんだ?という感じで、キョトンとした反応をされたものの、注文したら普通にスプーンも出してくれました。

IMG 0960 result

さっきのフィッシュカレーと打って変わって、あまり旨そうに見えませんが、しかし食べてみると意外にイケる。そして辛い。

チキンにしましたが、手で食べないと身を食べづらいので、マトンのほうが良かったかも。

ビリヤニが運ばれてくる前に、バナナの皮仕様のビニールの上に水を敷かれたので、お腹を壊すかもしれないとビクビクしていましたが、杞憂でした。

これで130Rs、コーラが14Rs。コスパ的に十分満足です。

まとめ

マハーバリプラムは、一通りの南インド料理を比較的リーズナブルな価格で食べられます。

宿も、僕は事前予約で2,160Rsで、今思えば随分と高いゲストハウスを予約したもんだなと思いますが、、部屋を見せてもらいながら交渉すれば、良い値段で泊まれるかも。

観光ポイントも意外と散らばっているので、時間が許すなら、1泊してゆっくり滞在するのがお勧めです。

観光ポイントについては、こちらの記事を参考にしてください。

世界遺産を抱えるマハーバリプラムの観光ポイント7選!海の近くに岩山の遺跡がある、不思議な町

2019.01.17