ホスペットからバーダーミへローカルバスで行く!乗り換えはイルカル

バンガロールからバーダーミまでバスで向かった長い旅路の後編です。

事前予約はできませんが、バスは頻発しているので適当に飛び乗れば良く、特に難しくはないのですが、直通バスがない場合はイルカルという小さな町で乗り継ぐ必要があるところがポイントです。

前編は↓をご覧ください。

バンガロールからバーダーミへの長いバス旅。まずはVRLバスでハンピ近郊のホスペットへ

2019.02.14

一応、ホスペット→バーダーミの直通バスがないかを聞いてみよう

IMG 1252 result

5:30ぐらいに突然ホスペットのバスターミナル前で降ろされた僕は、寝ぼけたままバスターミナルの中へ。

まだ朝日が昇る気配もない早朝なのに、いつ起きたのかと突っ込みたくなるぐらいたくさんの人が待機しています。ホームレスでここで寝泊まりしている人もいるかもしれませんが…。

4〜5年前に買った地球の歩き方を読む限り、ホスペットからバーダーミへの直通バスが1日に数本だけ走っているようなことも書いてあるので、一応その辺のインド人に声を掛けて何人か聞いてみましたが、

「直通はないから、イルカルで乗り換えだよ」

と、決まって同じ答えでした。

イルカルという地名は初耳。

歩き方には直通バスがない場合はガダグで乗り換えると書いてあったのですが…

IMG 1255 result

とにかく彼らを信用するしかないので、今度は「イルカル行きのバスはどれだ?」とその辺のインド人を捕まえて教えを乞うた結果、満場一致でこのバスであるとのこと。

毎度思うのですが、行き先表示を見るわけでもなく、遠くから「あのバスだ!」と指差す人が多いのは本当に不思議。

どこを見たらわかるのか謎です。

注意

前の晩にバンガロールで飲みすぎたからなのか、お腹が痛くなり、バーダーミまであと数時間我慢できるとは思えなかったので、このバスターミナルでトイレに行きました。

トイレの前にいる人に5Rsを払えば使えますが、まぁその汚さといったら…。

そもそも、個室が全部埋まっていて、しかも4〜5人が待っているという状況。直前で行くとヤバいことになるので注意です。

あんな国をバックパッカーで旅するすべての女性を、僕は心の底から尊敬します。そのタフさがあれば、大抵のことはできると本気で思います。笑

ホスペット→イルカルは2時間ぐらい

ホスペットとイルカルの位置関係はこんな感じです。北西へ向かうイメージ。

運賃は112Rs。半端だなぁ。

聞いたことがない地名ばかりで、どんどん田舎へと向かっているのが車窓からの景色でもわかります。

道も十分に舗装されていないところもあってガタンガタンいったりしますが、でもそんなに不快に思うことはなかったです。むしろ、この区間のバスは結構楽しかった記憶が。

IMG 1256 result

イルカルが終点でした。

最初から最後まで乗る人はあまりいないかもしれませんが、チケットを買うときにおっちゃんに「イルカル」と言うことになるので、それを覚えてくれていれば、大概途中であっても教えてくれます。インドの人たちは旅行者に優しいですね。

自分がしてもらったことは自分もしてあげないと、といつも思います。

イルカル→バーダーミも2時間ぐらい

イルカルとバーダーミの位置関係はこんな感じ。真西に向かう感じです。

バスの運賃は70Rs。

イルカルに着いてバスを降りると、どこからともなく人がやってきて「どこへ行くんだ?」と聞いてきます。どう見ても観光客という人間が、イルカルを目的地にやってくることなど有り得ないと確信して聞いているのか。まぁ実際そうなんだけど笑

そう思って「バーダーミ」と言うと、これまた親切に「そこに停まっているバスだ!」とこぞって教えてくれます。

IMG 1258 result

このイルカル→バーダーミは、ザ・田舎という感じの道で、日本人が乗ること自体が相当珍しそうな感じでした。

通学でバスを使っているのだと思われる子供達が、最初は怪訝そうにこちらを見てきて、やがて話し掛けてきて打ち解ける、そんなことがわずか2時間の移動中に何度も繰り広げられました。

まぁ何言ってるか大半はわからないんですが、それでも人懐っこく話し掛けてくれるのはこちらとしても楽しかったりします。

逆のバーダーミ→イルカルでは、隣に座った青年と仲良くなってFacebookのアカウントを交換したりもしました。

バーダーミ到着。遠い!

IMG 1261 result

イルカルから乗ったバスの終点はバーダーミでした。

ホスペットを6:30頃に出て、バーダーミに到着したのは12時前。乗り継ぎ含めると5時間ぐらいといったところ。

バンガロールから通算すると、13〜14時間ほどは乗っているイメージ。

花を持ったおっちゃんと、それを遠巻きに眺める小学生(?)のコントラストがシュール。

特にトラブルもなく、無事に最短距離で到着できました。

まとめ

ホスペット→イルカル、イルカル→バーダーミというこの区間は、事前にバス予約ができません。

それでも何とかなるだろうとは思っていましたが、実際に、インドの人々に助けられ、何とかなりました。

移動時間は短くはありませんが、のんびりと過ごすには悪くないと思いました。実は今回の南インドの旅で一番移動が楽しかったのは、このイルカル⇆バーダーミでした。