ゴア(パナジ)行きの夜行バスに危うく乗りそびれた話。ハンピ/ホスペットからの移動編

ハンピの観光を終え、次の目的地はゴア。

ハンピもゴアも有名観光地で、この間にはこれといった目的地になりそうな場所がないことから、バックパッカーの王道ルートであり、ネット上にも山ほど情報が溢れています。

鉄道、バスどちらでも行くことができますが、僕は経験者の方からのアドバイスも参考にして、バスを選択しました。

この記事では、実際にハンピからゴアまで移動した模様をまとめます。

チケットはTravelyaariで事前購入

2019 03 18 7 00 32 result

バンガロール→ホスペットと同様に、チケットはTravelyaariで事前決済しました。

クレジット利用可能で、運賃は1,550Rs(約2,500円)。

12時間近く乗るとはいえ、思ったより高いような気がしましたが、足が完全に伸ばせる寝台車で、事前に座席も指定できることを考えればまぁいいか。

Base Fareは1,500Rsとなっているので、これが嘘でなければ手数料をぼったくられているわけでもないですし。

事前に調べた限りでは、ハンピ→ゴアの区間は路面がガタガタで全く眠れず地獄だったというような情報もあったので、ここも順当に前方・下段の1席を確保しました。

ハンピ発だと思ってたら実はホスペット発だった!

バスの出発時間は19:30。

ハンピのバスターミナルは、安宿やレストランが密集するハンピ・バザールから至近の場所にあるので、時間的には余裕だなと思っていました。

ヘーマクータの丘でサンセットを見て、日が暮れる直前に丘の下へ降り、とりあえず宿へ戻ってロビーで充電だけさせてもらうことに。この時点で18:30ぐらいだったと思います。

そこでふとiPadのメールアプリを見ると、Travelyaariからリマインドメールが来ていました。

丁寧だな〜とお気楽にメールを開いて内容を確認したところ…

2019 03 18 7 05 46 result

ん!?

Board from Hospet???

いや、上にはHampi to Goaって書いてあるんだけど。

ハンピとホスペットは違う町なんだけど。

顔色が青くなっている自分には目もくれず、しょーもない冗談を飛ばしてくるゲストハウスの兄ちゃんに「このHospetホテルナントカって、ハンピじゃなくホスペット?」と聞くと、「あぁそうだな、ホスペットだよ」という当たり前の返事が。

慌ててハンピ→ホスペットへリキシャ移動、無事に乗車

ハンピ発だと思ってたら実はホスペット発であることに、バスの発車1時間前にようやく気付くというドタバタぶり。

不調だった宿のwi-fiがこの時だけ繋がって、リマインドメールが届いて、たまたまそれをすぐに見たという偶然が重ならなかったら、確実に乗り遅れていました。

落とし穴がどこにあるかわからないから、気が抜けない。

慌ててバックパックを背負って宿を飛び出し、ハンピ・バザールの外にいたリキシャの運ちゃんに声を掛けました。

IMG 1495 result

目的地のホテルを伝えると「知っている」とのことで、即決。ハンピ→ホスペットは15kmぐらい、リキシャで20〜30分あれば着くので、ホテルを知ってるというのが嘘でなければ間に合うなと安心しました。

そういうこともあり、こんなときでも価格交渉は忘れず、50Rsは言い値から負けさせたw

IMG 1497 result

無事に到着した出発場所のホテル敷地内、ホテルと真向かいにひっそりとバス会社の事務所があり、そこでチェックインを行う仕組みになっていました。

乗客名簿に名前やパスポート番号、国籍などを書く必要があり、ざっと目を通していたら、ロシアやスコットランド、イングランドなどヨーロッパの国々ばかりでした。真冬のヨーロッパを離れ、暑すぎず寒くもないインドでバカンスって感じですかね。そういう目的ならインド以外にもっと良い場所がありそうだけど。

IMG 1498 result

このバスでした。

ちなみにこの旅では珍しく日本人に遭遇。しかも女性2人組。

うち1人はタバコを気持ち良さそうに吸っていて、親しげに話しかけてきてくれましたが、深夜の歌舞伎町でバイトしてそうな雰囲気だったので(失礼!)、あまり気乗りせず、適当にあしらってしまいましたw

でもまぁ、この汚い国を女性で、しかも長距離バスに乗って移動するたくましさは素晴らしいと思います。心の底から尊敬します。そのタフさがあれば、大概のことはできるんじゃないかと本気で思います。

IMG 1500 result

車内はこんな感じ。バンガロール→ホスペットとほぼ同じ。

右側に微妙に数席だけ設置されている普通の座席の存在が謎ですがw

ゴアまでの道は舗装されていないので超揺れる、とも聞いていましたが実際には熟睡できました。

ゴア(パナジ)に到着

IMG 1501 result

ゴア州は大きく北部、中央、南部に分かれ、僕は北部のパナジへ。

オールド・ゴアと呼ばれる観光地が近く、一方でゴア名物のビーチはあまりないため、先に観光して、そのあとビーチへ行く計画でした。

到着時間はぶっちゃけ把握してませんでしたが、30分ぐらい遅れていたみたいで、「パナジ!パナジ!」というドライバーの声で目が覚めました。

ここで降りる客が多かったです。

変なところで降ろされましたが、徒歩圏内に大きなバスターミナルがあり、東西南北の感覚はすぐに掴めました。

まとめ

実際にはホスペット発のバスが「ハンピ発」と表記されることが有り得ることに注意してください!

偶然気付いたから良かったものの、このバスに乗れなかったら以降の予定が全て狂っていたところでした。

バスに乗れさえすれば、ゴアまでの道中は言われているような不快さもなく、足を伸ばしてぐっすりと休むことができます。