ガイドブックに載ってないフォート・ポータルをバックパッカーが目指す理由

僕がウガンダの旅の出発地点として選んだのは、コンゴ国境に近いフォート・ポータル。

実は出発1ヶ月前まで、フォート・ポータルなんて町があることすらロクに知らない状況でした。もちろん、ウガンダを旅の目的地として選んだ時点でも全く認知していない状況。

それが一転、旅程に組み込んで「これはなかなか面白そうでいいんじゃない?」と楽しみになるほど思ったのには理由があります。

そもそもフォート・ポータルって何があるの?

IMG 2079 result

フォート・ポータルという町は、何も知らずにざーっとガイドブックを見たら、これといって気に留めることもなくスルーすると思います。

だって、何もないもん。町も小さいし。

にも関わらず、日本人バックパッカーでウガンダへ来た方のブログを読んでいると、なぜか行き先にフォート・ポータルが入っている人が多い。

最初は不思議でした。地球の歩き方を読んでも、これといって見るべき場所があるようには思えないけど?

まぁ実際には何もないなりに歩いているだけでも楽しめますが、首都カンパラからバスで片道5時間掛けてわざわざ行く人がいるのは、目的があるからです。

それが、ピグミー族とチンパンジートレッキングです!

いかにもバックパッカーが興味を持ちそうな感じです。というか僕はこれを見た瞬間に半ばフォート・ポータル行きを決断しました。

1.ピグミー族

IMG 2048 result

フォート・ポータルから2時間ぐらい行った小さな村に、世界で最も身長が低い、ピグミーという少数民族が住んでいます。

しっかり見ると、地球の歩き方にもさりげなく書いてありますが。まぁ注意して読まない限りは目に留めないはずです。

日本人がわんさかピグミー族に会いに来てしまうと困るのでしょう。日本人はガイドブックに書いてある場所に集まるのが大好きですから。まぁ自分も同じだから人のこと言えないけど。

それでも、外国人観光客には既に広く知れ渡っているので、この村は一種の観光地のようになっています。

とはいえ旅行会社がツアーを催行するようなことはさすがになく、自力で辿り着かねばなりません。

その方法含め、別の記事でまとめています。

世界最小民族、ピグミー族が住む村へ!まずはフォート・ポータルからのアクセス方法

2019.07.02

フォート・ポータルから2時間。ピグミー族の村で会って話して暮らしを見て、考えたこと。

2019.07.05

2.チンパンジートレッキング

IMG 2074 result

フォート・ポータル市街地から南西に30km弱行ったところに、キバレ国立公園があります。

地球の歩き方だと、サファリ特集が巻頭に来ているのでキバレ国立公園がフォート・ポータルから近いという情報を見落としがちですが、書いてはあります。

ここで何ができるかといえば、チンパンジー・トレッキングです。

ウガンダは野生のマウンテンゴリラも生息する世界でも数少ない国で、ゴリラ・トレッキングもありますが、こちらは何と驚愕の1,500USD!

これがチンパンジーになるとゼロが1個取れて、150USDぐらいになります。

ゴリラトレッキングは欧米人の金持ちに大人気で、ほぼ1年先まで予定が埋まっているのに対し、チンパンジーは前日でも運が悪くない限りは間に合います。フォート・ポータルの町中にある旅行代理店で適当に相談すればOK。

というわけで、僕はチンパンジートレッキングに参加。

IMG 2075 result

値段はこの通り。思ったより安いという感想。

事前に調べた限りでは、1人だと300ドル近く払わされると聞いていたので。300ドルと235ドルじゃ結構違います。

参加日は6/2で、雨季と乾季の境界線だったので、雨季扱いでやや安かったかもしれません。

まぁ、実際にはこれでも実は高いんじゃないかと疑って、一旦保留にして宿のおっちゃんにセカンド・オピニオンを聞いたりもしましたが、「送り迎えもしてもらうなら235ドルぐらいは絶対掛かるよ」とアドバイスされました。

で、店に戻ったら今度は「クレジットカードは使えない」と言われ、銀行へお金を下ろしに行くハメに。

235ドルも下ろして、いくら銀行から店まで近いとはいえ歩いて行くのは若干気持ち悪くもありましたが、こういう時は銀行の前にどっしり座っているガードマンが頼りになります。

その時の記事は↓を参照ください。

チャーター車に乗ってキバレ国立公園へ!チンパンジー・トレッキング①

2019.07.08

意外と簡単に会える!スリル満点なキバレ国立公園のチンパンジートレッキング②

2019.07.11

おまけ:マチソン・フォールズ国立公園も実は近いです

アフリカといえばサファリ。

ウガンダでサファリといえば、首都カンパラから北西にあるマチソン・フォールズ国立公園か、南西にあるクイーン・エリザベス国立公園。

他にもサファリはたくさんありますが(チンパンジーだけで良ければキバレ国立公園も)、有名であり外国人観光客向けのツアーがたくさん催行されれているのは、このいずれかだと思います。

フォート・ポータルは、実はマチソン・フォールズ国立公園へ向かう拠点としても使える場所にあります。

地図で見るとこの通り。

僕はフォート・ポータルから一旦カンパラへ戻り、そこからツアーでマチソン・フォールズへ行きましたが、どう見ても遠回りです。

実際、チンパンジーツアーを予約した旅行代理店とか、ホステルのおっちゃんとか、「なんでカンパラへ行くんだ!ここから行った方が近いから車を手配してやるよ!」などと言ってきたりもしました。

ただ、距離が近くても車をチャーターしたら当然高く付くわけで、バックパッカーには無理です。安宿のルームメイトで同じことを考えている人を集めて割り勘するとかなら考えられるかもしれませんが。

結局、時間の制約がある中でコストも考えると、カンパラを起点にして動くのが最も合理的ということにはなると思います。

まとめ

ガイドブックを見てもほとんど情報がないフォート・ポータルですが、バックパッカー的には注目に値するということで、独立した紹介記事を書いてみました。

カンパラから片道5時間、近くはありませんが遠くもなく、時間さえあれば簡単に行くことができます。

キーワードにピンと来た方には是非ともお勧めします!首都カンパラの雑踏をうろつくのとは違った楽しみが待ってます。