ウガンダのフォート・ポータルで食べたローカルフード(レストラン編)

ウガンダ料理と聞いて、何か思い浮かぶものはあるでしょうか?

僕は事前の調べで、3つは現地で食べるべきものを頭に入れていました。

それがロレックスという粉もん料理、そしてバスが停車したときに窓の向こうから買える牛の串焼き、そして鮮やかな手付きで捌いてくれる完熟パイナップル。

この記事では、そのどれでもない、日本人にとっては「ナニコレ?」的なローカルフードを紹介します。全て僕が食べたものです。

いきなりウガンダのローカルフードにチャレンジするも…

エンテベ→カンパラ→フォート・ポータルと乗り継いで、フォート・ポータルに到着したのは夜の6時前。

そこからホステルまで歩いてチェックインした頃には日が暮れていましたが、ホステル併設のレストランにはウガンダのローカルフードは置いていないというので、どうしてもどこか外へ食べに出たくなりました。

このときは傘無しでは歩けないほどの強い雨が降っていて、外に出るのは面倒だったにもかかわらず。

IMG 2076 result

Link社のバスターミナルから北方向へ坂道を下って、そのまま大通りに出ずに真っ直ぐ進んだ細い道沿いにあったレストラン。

これは翌日の昼過ぎに撮った写真ですが、バックパックを背負いながら、「なんとなく雰囲気良さげだな、入ってみたいな」と思っていました。

そんなに大きい店ではないけど、地元の人らしき人がそこそこ入って繁盛してそうでしたし。

IMG 1999 result

夜はこんな感じです。

道路沿いに半テラス席みたいな、いや見方を変えればカップルシートみたいな座席があって、でも雨だからなのかガラガラ。

こんなところに座っても店員が来てくれるのだろうかと思いましたが、幸い気付いてもらっていたようで、愛想の良いウガンダ人女性店員がすぐに注文を取りに来ました。

メニューはないというので、とりあえず銘柄はこだわらないからウガンダビールのボトル、それと何でもいいからウガンダのローカルフードを適当にワンプレートに乗っけて持ってきて?という適当な注文をしました。

「でも、量は全部少なめでいいからね?試してみたいだけだから」と付け加えることも忘れずに。

そして5分ほど待って、出てきた料理。

IMG 2003 result

いやだから、量多いよ。こんなに食べられないし。

といってみても始まらないので食べてみましたが、うーん、味がしない。

後でいろいろ調べたり、ウガンダの人々に写真を見せて教えてもらったことですが、真ん中にある黄色っぽいものがマトケというウガンダ人の主食。

バナナを蒸してすり潰したものだとか。

熟していない、皮が鮮やかな緑色のバナナをたくさん見たので、ウガンダではバナナは甘い果物ではなく、蒸して食べるためのマトケの材料という感じかもしれません。単なる想像だけど。

左手前の茶色っぽい餡子みたいなものは、これも翌日偶然知ることになりましたがキャッサバでした。モチモチした妙な食感です。しかし、これも全く味がしない。

付け合わせのスープ(?)などで誤魔化しながら食べましたが、正直なところ口に合いませんでした。毎日これしか食べてはいけないと言われたらかなりキツイ。

それでもお代はビール込みで11,000Ush(約330円)。ボリューム満点だと思ったけど、原価は安いみたいです。

ピッツァを食べるならDutchess Hotel and Restaurant


前の記事でご紹介した、2泊したホステル、Dutchess Hotel and Restaurant。

ここだけは「ナニコレ?」の定義から明らかに外れます。

その名の通り、レストラン併設のホステルで、ここのピッツァはなかなかイケる!普段からレベルの高いピッツァを食べている欧米人でも、たぶん満足できるでしょう。

あまり細かいことにこだわりがない僕は、言わずもがなです。

ウガンダビールも豊富に揃っていて、しかも食事と比べると明らかにリーズナブルなので、長居もできます。飲み過ぎに注意。

フォート・ポータルのホステル「Dutchess Hotel and Restaurant」をレビュー

2019.06.20

ホステルのおじさんも教えてくれたレストラン「Gardens」

IMG 2181 result

「もちろん我々のレストランが一番だけど、敢えて言うならGardensのローカルフードは味が良いよ」。

チェックイン早々、一切空気を読まずに「この辺で美味しいレストランありませんか?」と聞いた僕に対して、苦笑いを浮かべながらもホステルのおじさんは丁寧に答えてくれました。

そのGardensに行く機会がありました。フォート・ポータル滞在3日目、キバレ国立公園でのチンパンジーツアーからの帰り。

IMG 2180 result

フォート・ポータルの中心部(といってもそんなに大きくないけど)から北へ幹線道路を進み、モスクの横を下っていくとあります。

カンパラ方面から来たLink社のバスが止まる、ローカル感溢れるショピングモールの真向かいです。

外観は、いかにも少しグレードが高そうな感じで、その辺のローカル食堂とは明らかに一線を画しています。テラス席もあって気持ちいい。

IMG 2182 result

ランチはバイキングのようです。

このあとカンパラまでローカルバスで戻ることになっていたので、途中でお腹が痛くなる事態は避けねばならず、ここでの冒険は控えました。

味がしなさそうな料理は敬遠し、これは食べても絶対大丈夫だろうと思えるものだけをピックアップして盛り付け。

店員さんに「えーそれ取らないの?あり得なーい」的な反応をされて少し迷いましたが…。普段なら食べるんだけどね。。

IMG 2183 result

そうして盛り付けたワンプレートはこんな感じ。

バイキングと冒頭で書きましたが、正確には盛り付け自由の限定ワンプレートです。お代わりはできないようになっていたはずです。つまり食べる自信があるなら最初にてんこ盛りにしないといけません。食べ切れなかった場合にペナルティがあるのかは不明ですが。

この豆カレーみたいなやつは、日本人も違和感なく食べられるんじゃないかと思います。

Rice & Beans、ウガンダでは何回か食べたなぁ。

やはりこの店は全体的にお洒落な感じがありました。数日間滞在しているなら、一度ぐらいこういうところでまったりするのもいいかも。晴れた日のテラス席は、パラソルで日陰になっているので涼しくて、リラックスできそうです。

場所はこちら。

徒歩圏内ながら、微妙に中心部から離れているので、夜に来ようとすると微妙かも。昼は十分歩いてアクセスできそうです。

まとめ

ウガンダへ来たらとりあえずウガンダのローカルフードを食べたい、と考えるバックパッカーは多いはず。その好奇心はとても大切!

次回の記事で書くように、屋台で食べる方法もありますが、きちんとしたレストランで食べるのもいいものです。

観光客向けにローカルフードをいろいろ出す店はフォート・ポータルでは実はそんなに多くないような印象を持ちましたが、機会を見つけて一度はトライするべきです!

ウガンダのフォート・ポータルで食べたローカルフード(屋台編)

2019.06.26