2018年の最後に11連休!2度目のインドへ、年末年始の旅の計画を立ててみた

2018年は、6月に11連休でモロッコへ行ってから、8月にジョグジャカルタへ2泊3日で行ったぐらいで、以降は旅行らしい旅行をする機会がありませんでした。

2019年の計画は立て始めていたものの、まだ終わっていない2018年に目をやると、実は年末年始をブチ抜いて休んでも仕事に支障がなさそうな感じなので、ここぞとばかりに有給を4日投入し、11連休を取ることに。

もちろん、職場にはいつも通り用意周到に根回しを行い、休んでも問題ないこと、いざという時は世界のどこからでも仕事をすることを説明しています。

現在は海外に住んでいるので、正月三が日という概念はなく、年明けの始業は1/2から。

クリスチャンがそこそこ住んでいることから、クリスマスとその前後が祝日になっています。

連休のスタートが12/22、最後は1/1なので、年末年始というよりも年の瀬です。

その分12月中旬までは超忙しくなるものの、11連休の代償であるならば仕方ない。

海外での年越しは5回目。さぁどこにする?

5309501520 27a06c6369 b

2014年の年末からは、海外で年越しするのが個人的な定番行事。年越しそばなんて、もうかれこれ何年も食べてません。

といっても、これまでは会社のカレンダー通りの休日しか取らず、弾丸旅行でしたが。。。

時間に限りがあることも踏まえ、フライトの時間が長く日も短い、そのうえ寒いヨーロッパは選ばず、年末年始は基本的に暖かいところを選んできました。

  • 2014-2015年 南インド(コーチンin、最南端で初日の出、トリヴァンドラムout)
  • 2015-2016年 ニュージーランド
  • 2016-2017年 スリランカ
  • 2017-2018年 中部ベトナム(フエ→ホイアン)
  • 2018-2019年 ???

事前のリサーチ不足もあって、去年のベトナムは寒かったけど。。。

本命はスリランカだったが…

世界地図を眺めて直感でピンときたのは、本命🇱🇰スリランカ、次点が🇮🇳北インド(デリー周辺)、大穴で🇱🇦ラオスか🇹🇭タイでした。

スリランカは一度行ってはいるが、超弾丸日程で超王道ルートを辿っただけなので、その時点でいつかまた再訪することを決めていました。

国際空港が首都コロンボ(の近郊)にしかないので、国内線を使わない限りはグルっと回って帰らねばならず、小さな島ではあるが意外と時間が掛かる。

それでも11連休もあれば、ゆっくり見て回れそうだなと思いました。

4543581706 d3a877d8c0 o

…と考えていたのに、急転直下、目的地をインドにしようと決めたのは

  • スリランカは日本人女性のひとり旅も多く見かけるぐらい、旅がしやすい国。
  • 方やインドは体力が必要。1つでも歳を取る前に、若いうちに行ったほうが無難。
  • スリランカは11連休より短くてもどうにかなるが、インドはたぶんそれぐらい必要。
  • 来年以降も11連休が取れる保証はどこにもない。

というわけで、まぁ要するに「今年行かないと、ずっと行けなくなるかも!」と思ったからでした。

一応バックパッカーを自称しているものとして、聖地(と言われている)インドにあまり行ったことがないのは如何なものかという思いもあります。

具体的にいろいろ調べ始めると、やっぱりインドって面白そうな場所がたくさんあるということを再認識し、行ってみたくなりました。

タージマハルとその周辺のド定番ルートを考えるも…

僕は🇮🇳インドへの渡航経験がありながら、タージマハルに行ったことがないのは勿論、アグラやジャイプール、バラナシといったド定番には行ったことがありません。

なぜそこを避けて敢えて、なぜ先に南部へ行ったのか?とは、ことあるごとによく聞かれます。

僻地好きなので仕方がないことではありますが、そうはいっても、ここらで一度ぐらいは有名な観光地を渡り歩いて、タージマハルやバラナシのガンジス河をしっかり見てみるのもいいかなとは少し思っていました。

旅行先を決めるときにいつも参考にするこのサイトでも、年末年始のデリー周辺はベストシーズンということになっているので、まぁ決まりだなと思い、具体的な旅程も立て、デリーin、バラナシoutで航空券を取る寸前まで行っていました。

32465038686 7abdf19275 b

が、実は12-1月のデリー周辺は決してベストシーズンではないんですね。実体験から思い出しました。

この時期のデリー周辺の朝霧はヤバい。

4年前、デリーからコーチンへ飛ぶエアインディアのフライトが濃霧で大幅に遅延し、飛行機に乗ってから6時間以上待たされた経験がありました。

もしやと思って調べると、次から次へと出てくる濃霧リスクの情報。

  • せっかくタージマハルを見に来たのに、霧で何も見えなかった。
  • バラナシへ向かう鉄道が1日近く遅れた。真っ暗な駅のホームで夜を越すのが怖かった。
  • 霧と関係ないけど、デリー→バラナシの夜行列車は盗難多発中だから要注意!

そうそう、だから4年前も南インドを選んだんだよ。

というわけで、あっさり方向転換。

まぁ4年前に南インドに渡航経験があって、しかもその印象がとても良かったから、すぐ決められたというのはあったと思います。

ハンピに行きたい!

21088890746 961e80c17d b

南インドに方針転換しようと思ったもう1つの理由は、ネットサーフィンでインド情報を集めているときに、ハンピを絶賛する大量のブログに遭遇したから。

慌てて地球の歩き方を本棚から持ってくると、確かに数ページ紹介されてはいるものの、そこまで絶賛されている感じでもないです。

かと思えば、「こんなにいい場所をなぜもっと読者に推薦しないのか分からない」とまで書いてある日本人のブログもある。

こりゃ、行くしかないでしょ。僻地好きだし、11連休だし。

ということで、ハンピを間に挟み込むように、ざっと11日間の計画を立ててみました。

  • 12/22 チェンナイin、マハーバリプラム
  • 12/23 チェンナイ
  • 12/24 PMマイソール
  • 12/25 AMマイソール、PMバンガロール
  • 12/26 バーダーミ
  • 12/27 ハンピ
  • 12/28 ハンピ
  • 12/29 ゴア
  • 12/30 ゴア
  • 12/31 ムンバイ
  • 1/1  ムンバイout

フライトの乗り継ぎ的に、チェンナイin、ムンバイoutが確定


このルートならバンガロールin、ゴアoutという手もあり、それならもっと短い連休でも旅はできるので、11連休が取れる今回の旅程である必要性がないのでは…とも一応考えてはみたものの、フライトの乗り継ぎがあまり宜しくないという結果に。

結局、限られた日程で最大限旅をするには、航空券代、乗り継ぎ時間、到着時間等が最も好都合なオプションを選択することにならざるを得ません。

バンガロールinだと、どう乗り継いでも夜到着で1日移動で潰れてしまいますが、チェンナイinを選択すると、KLIA早朝発のAir Asiaで、チェンナイに朝7時過ぎに到着できます。

チェンナイは都会で、観光という意味では見所に乏しいようではあるものの、どんな場所かは軽く見てみたいし、チェンナイからバンガロールはバスや鉄道でも半日程度の距離なので、これはもうチェンナイinの一択。Air Asiaは安いしね。

帰りのゴアoutは、SkyScannerでいろいろ調べてはみたものの、今住んでいる場所へ戻るには絶対に2回以上乗り継がねばならないので、遅延リスクが怖い。一応サラリーマンなので、約束した日には必ず出勤していなければいけません。

その辺を諸々考えた結果、ムンバイまで行けば、SQでシンガポールへ出られる!1/1発ということもあるのか、SQにしてはリーズナブルな価格で片道の航空券が買えました(6万円弱)。

40499647701 f573f67f31 b

ベンガル湾から全て陸路で、内陸を突っ切ってアラビア海まで出るのは、何となくロマンがあると思います。

移動距離はそれなりに長いものの、日程的に無理があるようには思わないし、悪くなさそう。

ややマイナールートなので情報を集めるのが大変ではあるとはいえ、4年前のコーチン以南と比べれば、何とかなりそうな感じはします。

が、ここからの鉄道・バス手配が思ったように進まず、悪戦苦闘することに。。。

インドのバス・鉄道の事前予約で大苦戦。結局、カネの力で解決?【鉄道編】

2018.11.27

インドのバス・鉄道の事前予約で大苦戦。座席を選ぶときの注意点は?【バス編】

2018.11.30