【旅行記まとめ:ウガンダ編】ブラックアフリカ入門 〜ウガンダ→ルワンダ、バックパック10日間〜

日本のカレンダーとは全く異なるタイミングで年に一度やってくる大型連休、2019年は6月上旬。

「ブラックアフリカ入門」をテーマに、アフリカ初心者でも比較的旅がしやすいと言われているらしいウガンダとルワンダを目的地に定め、往復の移動を除き10日間で周りました。

旅行記を一通り書き終えたので、今回の記事ではそれらを整理します。

この記事内には、全ての旅行記のリンクを貼っています。ウガンダ・ルワンダの旅に興味がある方は、このページをざっと読んでいただくと、どういうルートでどこへ行ったのかが一通りわかるようになっています。

旅の日数やスケジューリングで少しでもお役に立てれば幸いです。

旅程:カンパラを拠点に2泊3日の旅を2バッチ、そのあとルワンダへ移動

Ugarwamap result

ウガンダとルワンダを回ると決めた時点で、ウガンダinとルワンダinの2通りがありましたが、ウガンダinを選択しました。

理由は、ルワンダのキガリ行きフライトだと、エチオピアのアディスアベバでの乗り換え時間が長かったためです。

カンパラから本来はマチソン・フォールズ国立公園→フォート・ポータル→キガリと一筆書きで移動したいところでしたが、ウガンダを回るときは結局カンパラが拠点で、一旦ここへ戻らないと日程が組めない印象でした。

フォート・ポータルからカンパラへ戻らずにキガリ方面へ向かう方法はありますが、サファリの日程が合わず、先にフォート・ポータルへ行かざるを得ませんでした。

車をチャーターするとか、自分で運転するならこの限りではありませんが。

片道5〜6時間のカンパラとフォート・ポータルを往復したあと、これまた片道5〜6時間のカンパラとマチソン・フォールズを往復。さらにルワンダに入ったあとも、片道3時間のキガリとフイエを往復したので、今回はあまり効率的でない移動の多い旅でした。

Day1-8の旅行記総まとめ!

Day 1からDay 8(ウガンダ出国日)まで、個別に概要と旅行記のリンクを貼っていきます。

気になる記事があればリンク先に飛んでお読みください。

Day 1:エンテベ→カンパラ→フォート・ポータル

ウガンダへ空路で入る場合、首都カンパラから車で1時間ほど距離があるエンテベinになります。

初日は10時過ぎに到着し、カンパラは観光せずそのままバスで5時間掛けてフォート・ポータルへ。

結構ギリギリの予定を立てたのでハラハラしましたが、幸い計算外の事態は発生せず、日が暮れる前にフォート・ポータルに到着できました。

いきなり雨に降られたのはちょっと厄介でしたが。。

【2019年版】ウガンダ・エンテベ国際空港から首都カンパラへの移動方法

2019.06.14

カンパラからフォート・ポータルへの移動方法【Link社のバスがお勧め】

2019.06.17

フォート・ポータルのホステル「Dutchess Hotel and Restaurant」をレビュー

2019.06.20

Day 2:Ntandi村訪問、フォート・ポータル町歩き

世界で最も身長が低いピグミー族が住むNtandi村へ、フォート・ポータルからマタトゥ(乗合タクシー)を使って行きました。

村の人々は素朴で親切で、これぞバックパッカーでないとできないという経験をさせてもらったと思います。

一方で、あたかも観光地であるかのようになっていた村を見て、いろいろと考えさせられました。

午後はフォート・ポータルの街をフラフラと歩きましたが、これもなかなか面白かったです。

ガイドブックに載ってないフォート・ポータルをバックパッカーが目指す理由

2019.06.29

世界最小民族、ピグミー族が住む村へ!まずはフォート・ポータルからのアクセス方法

2019.07.02

フォート・ポータルから2時間。ピグミー族の村で会って話して暮らしを見て、考えたこと。

2019.07.05

フォート・ポータルの町をフラフラと散歩してみたら、意外と楽しめた

2019.07.14

Day 3:キバレ国立公園→フォート・ポータル→カンパラ

フォート・ポータルから近いキバレ国立公園へ、チンパンジーを探すトレッキングに出掛けました。フォート・ポータルの定番のアクティビティです。

決して安くはありませんが、それでもゴリラトレッキングと比べればリーズナブルで、翌日から始まったゲーム・ドライブとは違った趣向のサファリを楽しむことができました。

チャーター車に乗ってキバレ国立公園へ!チンパンジー・トレッキング①

2019.07.08

意外と簡単に会える!スリル満点なキバレ国立公園のチンパンジートレッキング②

2019.07.11

フォート・ポータルでは、時間的な余裕があったこともありいろんなものを食べました。

ウガンダ名物のロレックスは、意外とカンパラに戻ったあと食べる機会がなかったので、最初に食べておいて良かったと思います。

ウガンダのフォート・ポータルで食べたローカルフード(レストラン編)

2019.06.23

ウガンダのフォート・ポータルで食べたローカルフード(屋台編)

2019.06.26

Day 4:カンパラ→マチソン・フォールズ国立公園(1)

Day 4-6は、2泊3日のマチソン・フォールズ国立公園へのサファリツアーに参加。ウガンダにはたくさん国立公園がありますが、一番有名で王道だと思います。

初日はサファリはしておらず、マチソン・フォールズの滝観光でした。

Red Chilliのツアーに参加すると、必然的に宿はRed Chilliのキャンプサイトになります。そのレビューもしています。

カンパラからマチソン・フォールズ国立公園へ。ウガンダ名物パイナップルにありつく

2019.07.20

動物を見る前に!先ずは大迫力のマチソン・フォールズでマイナスイオンを感じる

2019.07.23

マチソン・フォールズ国立公園へのサファリの拠点、ツアーで泊まったRed Chilli Campをレビュー

2019.07.26

Day 5:マチソン・フォールズ国立公園(2)

この日がメインのサファリ・デーで、早朝がゲーム・ドライブ。昼過ぎからはボート・クルーズ。

天気がイマイチでしたが、たくさんの動物が見られてとても満足。

特に、あまり期待していなかった白ナイルのクルーズが個人的には面白かったです。ゾウ、カバ、ワニなど、陸地のサファリとは違った趣でとても楽しめました。

マチソン・フォールズ国立公園でGame Drive。素晴らしいエキサイティング・フォト・サファリ!

2019.07.29

マチソン・フォールズ国立公園で予想外の展開のナイル川クルーズ!次々に現れる動物たちに興奮

2019.08.01

Day 6:マチソン・フォールズ国立公園(3)→カンパラ

最終日は天気が良かった代わりに動物はあまりおらずw、しかしそれでも青空と大草原に映えるキリンなどは圧巻でした。

途中でランチを取りながらカンパラへ。

天気の良いマチソン・フォールズ国立公園で最後のゲームドライブを堪能!

2019.08.04

Day 3とDay 6は、いずれもゲーム・ドライブのツアーを催行するRed Chilli Hideawayに宿泊しました。

改装されたばかりのようで、綺麗で快適でした。

カンパラから安くサファリに行くための拠点「Red Chilli Hideaway Butabika」をレビュー

2019.07.17

Day 7:カンパラ→Uganda Equator(赤道)→カンパラ

万が一マラリア感染の兆候がある場合、外国人病院で治療してもらうための予備日として設定していましたが、幸い体調に問題がなかったので観光しました。

カンパラはカオスですが見るべき箇所は少ないため、日帰り圏内の赤道へ行きました。ウガンダは領土内を赤道が通っている、世界でも数少ない国の1つです。

カンパラの最終日は、ニュー・タクシーパークのすぐ近くにありキガリ行きJaguar社のバスが発車するターミナルに近いホテルに泊まりました。

カンパラから日帰りで行けるウガンダの観光名所、それは赤道!

2019.08.10

カオスなカンパラ観光。オールド・タクシーパークとガダフィ・モスク

2019.08.13

ウガンダの首都カンパラの中心部で唯一泊まった宿、KK Trust Hotelをレビュー

2019.08.07

Day 8:カンパラ→キガリ(陸路国境越え)

1週間滞在したウガンダを後にして、目指すはルワンダ。

カンパラからルワンダの首都キガリまでは国際バスが出ており、評判の良いJaguar社のバスをチケットを取りました。

カンパラ(ウガンダ)→キガリ(ルワンダ)のバス移動。Jaguar社の日中便のチケット確保

2019.08.16

これより先の旅行記は、ルワンダ編として別途まとめます。

まとめ

ウガンダは実質7日間の滞在で、22記事です。

決してメジャーとはいえない場所を回ってこれだけ書いたので、無駄に細かく、もしかしたらこれから旅する方々にも役に立つ情報を散りばめられたのではないかと勝手に思っています。

検索してもなかなか情報が出てこないウガンダの旅が少しでもイメージできて、ウガンダへ行ってみようと思う方が一人でも増えればとても嬉しいです。

【旅行記まとめ:ルワンダ編】ブラックアフリカ入門 〜ウガンダ→ルワンダ、バックパック10日間〜

2019.09.12